読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅人会代表のBLOG

佐賀県佐賀市の学習塾紅人会|kojinkai代表によるブログです。受験のこと、教科のこと、学習のこと、塾の日記、代表の日々などを綴ります。

丁寧に。

久々に生徒を叱る。

 

I see.の和訳が「ああね。」になっていたという、

たった”それだけ”のこと。

 

しかし、”それだけ”には幾つかのケースが考えられる。

一つは、ある程度知識を知っていて

訳をわざと雰囲気に合わせている。

一つは、ある程度知識を知っていて

私にそれを見せて楽しんでいる。

一つは、無知識にも関わらず調べもせず、

なんとなくそれっぽいからそう書いている。

 

上二つは、結構英語ができるグループとか、

英語ができて、なおかつ私と仲が良いとか、

そうであるから本番はちゃんと書けるし

特に咎めるということはしない。

しかし、今回は一番最後のケースだったから叱った。

 

そもそも和訳を組み立てよう、という時に

教科書の後ろも辞書も全く開かない、という

その意識の低さに対して叱ったのだ。

 

教科書の和訳は、動詞が何であるかと、

前置詞に気をつけておけば大体可能だ。

I see.のような慣用的な会話表現は教科書の後ろを調べれば

必ず書いてある。

そういう細々とした自立して学ぶための

ルールを一つ一つ教えることによって、

一人で学んでいける準備が出来ていく。

 

私は、勉強しようとしない生徒に対しては

ことごとく冷たい。

なんで先生そんなにキレてんの?って

他の生徒が思うほどに叱り飛ばす。

しかし、それはできるようになる努力もしていないのに、

やり方も尋ねず、やろうと試みもせず、

なんとなく事なきを得ればそれでいいと、

そんな風に思っているのが目に見えて分かるからだ。

 

「悪いことは言わない、そういう意識なら絶対伸ばせないから

無駄な投資は止めてもらったらいい。

君になんて投資しても無駄だから、

君からそう親御さんに言いなさい。

高校も行かなくていいだろう。

出すのは親御さんだけど、意識の低い君が

どんな投資を受けても日本は明るくならない。

今この言葉に対して悔しく思うなら、

いまこの瞬間から何かを変えてみせなさい。

俺は君が変わるか、君が俺に負けて塾を去るか、

そのいずれかに至るまで厳しく接する。

絶対手は緩めない。覚悟しなよ。

俺は君がここに在籍する限り、伸びるまでやる。」

 

と。まあ、その子もまだ入塾してすぐなので、

これからいろんな面で変化があるでしょう。

去年のパーリーピーポーの彼の入塾初期の頃を

随分思い出しましたね・・・