読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅人会代表のBLOG

佐賀県佐賀市の学習塾紅人会|kojinkai代表によるブログです。受験のこと、教科のこと、学習のこと、塾の日記、代表の日々などを綴ります。

中学生のma=F。

 質量とNの関係が掴めないという悩みは例年中学生からの問いが絶えない内容の一つです。何を見ても中学生向けの参考書にはおよそ100g=1Nとするとしか書かれていないので、ピンとこないのですよね。本日はテスト対策で理科をやっている中学1年生に解説。

 

 ma=F

 

 高校では運動方程式と呼ばれるものです。質量(kg)に加速度(m/s^2)をかけたものが、力なのです。重力においては、質量に重力加速度をかけて、mg=Fとなります。

 大体において、”100gを1Nとする”っていうのが何なのかがピンとこないということで、ただの単位変換だと思っている子も少なくありません。それが、質量とNの理解が混同してしまう要因となっています。

 

 1kg×9.8m/s^2=9.8N≒10N

 よって、1000g≒10Nより、100g≒1Nなのです。

 

 こんなことは理系に進んでいなくとも高校1年で物理をかじれば誰だって分かることなのですが、中学生はここを混同したまま卒業し、高校の時に全く別のものを習っているように錯覚する子が続出します。そうならないように、認識をしっかり整えながら物理学の指導にあたりたいものです。

 

f:id:kojinkai-saga:20161222001730j:plain