読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅人会代表のBLOG

佐賀県佐賀市の学習塾紅人会|kojinkai代表によるブログです。受験のこと、教科のこと、学習のこと、塾の日記、代表の日々などを綴ります。

並列回路の理解の仕方。

f:id:kojinkai-saga:20160803230350j:plain

 

並列回路の基礎的なオームの法則の計算が

なかなか上手くいかない場合、おそらくは

並列回路っていうのがどういう電流の

流れ方をするのかということが理解できていないのでしょう。

 

並列回路は、どの電熱線にかかる電圧も等しいって

これを暗記しようとしている生徒がいるのには驚きます。

それでもいいのですが、結局どっちだったっけ?って

言ってあまり知識が血肉になっていないのが現状です。

教科書に載っているように、

「V=V1=V2」とか言われても、ピンとこないのです。

(というか、ちゃんと説明してあるのですが、

生徒はこの最終的な抽象化された式ばかり見て

覚えようとしてしまうのが大半です。)

 

そういうときは、こうやってしまいます。

 

f:id:kojinkai-saga:20160803230703j:plain

 

「まずは一筋ずつ考えろ」って。

 

回路というのは、電源から始まる

一つの道筋について考えるのがベースになっており、

中学受験においてはこのように指導をします。

つまり、小学生向けの指導は間違いなく

こうやってスタートするのです。

 

調和平均や、式変形した和分の積とかいう教え方もありますが、

実際はそれは基礎学習段階には早すぎます。

上段を流れる回路。下段を流れる回路。

これらを別々に一つの回路として考えてあげるのです。

 

そうすると自然と、必然的に、

電圧は等しいと考えられるようになるのです。

 

「この計算に慣れてきたら、

調和平均を使ってみたり、和分の積で解いてみたり、

あるいは逆比で解いてみたりしてもいいと思う。

でも、並列回路は一筋の道を独立したものとして

まずは考えてあげるところから始めてほしい。

そうすると、全部すっきり言って楽しくなるはずだよ。」

 

今日も生徒はとってもすっきりした表情で

帰って行きました。

 

なんにしても、この単元をないがしろにして

先へ進んでしまった子は多いでしょう。

入試頻出事項ということもありますが、

電池なんていうありふれたものを具体的に理解していくのは

生活をしていく上でもそんなに悪い話ではありません。

 

必ず正確に理解していきましょう。