読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅人会代表のBLOG

佐賀県佐賀市の学習塾紅人会|kojinkai代表によるブログです。受験のこと、教科のこと、学習のこと、塾の日記、代表の日々などを綴ります。

静かな日。

中学生 英語

f:id:kojinkai-saga:20160713000945j:plain

英語の学校準拠ワークを授業ではほとんど扱わないのです。

理由は、簡単すぎるということや、ワークを解く前に

しっかり教科書理解が必要だから、暗写してもらって、

それを繰り返して文法に慣れてもらって、その後に

何もかも分かった状態で演習してほしい、と。

 

教科書は、暗記するくらい書くといいです。

一人で英語を何とかしたいと思っているなら、

何としてでも英語は何度も何度も書いて訳を

していくべきだと考えます。

 

もう英文を覚えてしまえば、教科書を見なくても

さらさらと教科書の英文を書くことができます。

それは、自然と英作文能力が身につくことと

イコールでもあります。

 

さて、準拠ワークを行う日は実に静かです。

私立の子や中高一貫校の子は

学校でもずいぶんチェックを受けてますし、

公立は書き取りも少なくチェックもなされていないので

塾から毎週6パート分の暗写(予習含)が

課題になっています。そういう経緯を経て、

かなり理解が出来上がってからこの演習に臨みます。

 

分かっている、できると確信していることは

やっぱり自分でなんとかできると思っているから、

何とあってもやりきろうという意識が働きます。

 

自分で出来ると思っている子は、

等しく演習時に静かに正答を重ねますし、

間違いも静かに修正をしていくのです。

 

f:id:kojinkai-saga:20160713003029p:plain

ちなみにこれは、塾で作成している英単語テストです。

毎週予習をし、この単語テストに生徒は臨みます。

毎週学校の内容がちゃんと分かってるのかの

チェックに使っているテストです。