読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅人会代表のBLOG

佐賀県佐賀市の学習塾紅人会|kojinkai代表によるブログです。受験のこと、教科のこと、学習のこと、塾の日記、代表の日々などを綴ります。

難関中学受験指導日記 2016/7/9

f:id:kojinkai-saga:20160620230317p:plain

一通り、5回の授業で小学校範囲の

計算を四則計算・分数小数・混合問題まで

習得することができました。

もう既に6年生の子と並ぶほど

これらの計算は速く正確にできます。

分配法則もかなり習得し、普段の暗算の中で

活用できるレベルにまでなり、

いい感じの基礎能力がついてきています。

 

しかし、算数は計算だけじゃないのです。

できるようになったことは、まだ全てのことの

5%にも満たないかもしれません。

 

とりあえず道具を必死で揃えている最中です。

 

 

 

 

こんな風に教えながら思うのですが、

受験に本当に必要な知識のセットを揃えられるような

理想的なテキストって少ないですよね・・

 

塾用教材としてのまとめ教材って結構癖があって、

使う場を結構選びます。

例えば、代表的な四谷大塚の4科のまとめ。

算数は、ちょっと基本すぎるかな。

理科社会は、逆にちょっとマニアックな知識が多すぎて

面白みとか知識の深まりには欠けています。

全国に市販しているので、網羅的になるのは仕方ないですが、

それゆえにちょっと不要な知識も多くてそこが難点。

 

まとめ教材でバランスが取れているなと思うのは

教育開発出版の「中学入試の攻略」だと私は思っています。

ページ数は全教科200ページ超あるので、分厚すぎる・・

と思うときもあります。要領が悪い子や基礎が不足する子は

全教科持っても解きこなしきれないでしょう。

使う場面とかはかなり選ぶと思いますが、できるなら

取り組んだほうがいいと思う問題集です。

 

今年の6年生は、理科と社会だけこの教材を

夏休みの目標として購入し、取り組んでもらいます。

国語は実力練成エフォートを、算数は市販の

教材を通常授業で継続して解いていきます。

 

 

話は逸れましたが、

今ここで欲しい教材!って思うときに、

それを選び抜く目というのはとても大切です。

簡単すぎず、難しすぎず、子どもに与えられた時間が

どの程度あって、どのレベルなら意欲的に

次々と習得しようと思えるのか。

 

 

勉強は、自分でやろうと思える教材が一番いいです。

最適解を子どもの実力から考えるのが難しいのですが、

その辺も一つのやりがいであります。