読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅人会代表のBLOG

佐賀県佐賀市の学習塾紅人会|kojinkai代表によるブログです。受験のこと、教科のこと、学習のこと、塾の日記、代表の日々などを綴ります。

宿題が多すぎる!

難関受験 小学生

ようやく難関受験生が悲鳴を上げ始めました。

 

そりゃそうです。

通常授業は今最も計算の習得に時間がかかる

割り算の筆算(5桁÷3桁まで含む)を行い、

国語も理科も解き、通常授業の課題で

テキスト合計4ページ40問ほど。

計算の演習で6×10で60問、

演習テキストでまた50問ほど。

土曜は25ページ、計100問以上。

合計で400問くらいを毎週彼は

課されていることになりますから。

1問平均2分としても、800分。

実際は難関受験テキストに時間がかかるから、

日に2〜3時間は常に学習しないと

追いつかないと思います。

 

「計算がまだ遅いんだよ。

学校で誰が一番速いとか知らない。

先生と同じ速さで解けるように、

常にスピードと正確さを意識しなさい。」

 

と、一言だけ私は伝えて終わりました。

彼は計算が速いと自負している子でしたので、

一番ダメージが残る言い方をして終わったのです。

 

それでも、小4の算数の授業は受けてもらっています。

小4は仕組みを学習する時期です。

小数や分数の仕組みをかなり正確に理解しなければ

どうせ先の学習でつまずいていきますから、

どんなに忙しくても通常授業は受けてもらっています。

 

すでに彼はおかしいくらいに計算が速いですし、

暗算による演算能力もこの1か月でかなり高まりました。

しかし、まだまだ私から見れば付け焼き刃に過ぎません。

 

「分かってる人は凡ミスですらしない。」

 

やはり冷たくあしらいます。

彼が望んでいるうちは、

乱暴に見える指導も楽しませてもらいます。

 

半年後には大化けしていますよ。

目標は、4年生が終わる頃に

弘学館の国語・算数の過去問を

解けるようになっていることですから。