読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紅人会代表のBLOG

佐賀県佐賀市の学習塾紅人会|kojinkai代表によるブログです。受験のこと、教科のこと、学習のこと、塾の日記、代表の日々などを綴ります。

鶏口牛後。

この故事成語を批判する人もいるかもしれませんが、自分はそんなに批判的には見ていません。最終的に自身の手元から離して、自分の力で事をなして貰おうと考えるにおいて、精神が未熟な場合であったり、何が何でも下克上という精神がなかったりする場合、お…

理科実験「虹をつかまえよう!」

本日の理科実験は分光器制作。今日も楽しく実験することができました。夕方からは雨模様でしたが、午前中は光がさすタイミングが何回もあり、しっかり観察することができました。 今日も1年生の子にご参加いただいていましたが、私が切る作業などをお手伝い…

春休みの講座:新小5編

小学5年生の春講座は全3回。国文法でいう文節指導と、算数でいうと計算の内容を中心に行います。算数は普通の授業をします、小数のかけ算割り算を中心に。 故に国語の方がメインになってきますでしょうか。 文の切れ目を捉えられないということは、意味の…

学習に対する所感。

中学生において、元の成績が振るわず、しかしながら大きく伸びる子はこれまで何人も見てきましたが、そういう生徒はもれなく、学校の教材では難しすぎたけど、塾とか市販の薄い教材を周回する中で一旦”できた”の実感を持ち、”これは分かる、これは分からない…

日数計算。

小学生の算数は、日数計算を扱いました。何月何日から何月何日まで、何日間ありますか?とか、何月何日から何日後は何月何日ですか?とか。そういう感覚を養う指導。 手始めに、まずは動機付けから。 「言っとくけど、今日は足し算と引き算しかしない。しか…

1日に塾に3回も来る人。笑

今日は、こやつのデビュー戦。生徒たちの興味は年齢層によっても様々であり、3年生〜4年生には都道府県クイズが、6年生以上には国名クイズとか国の情報、比較情報など、ああ、幅広くこうやって楽しんでもらえるならば買ってよかったなって思いました。県…

3年生の子どもの変化。

2年生の時から通っている生徒さんのおはなしです。確か、足し算引き算も謎の法則を使って解く習慣があり(足す言葉・引く言葉など)、計算も平均から見ればかなり遅く、一体何からどうやってトレーニングしていこうか・・・と考えに考え、一つ一つ指導内容…

「元気で、素直で、大人びている。」

本日も朝からご面談でした。最近入塾してきたばかりの生徒さんでして、他の塾から転塾なさってきた生徒さんでもありました。随分とテスト漬けになっており、覚える・覚える・覚える、しかし対応できず・・・の繰り返しでやや自信を失くしがちになっていたと…

実力テスト数学満点。

中学2年の子が、ポツリ。 「せんせー。先週受けた数学の実力テスト、まあまあ良かったんですよー。」 「ほう、48点くらい?」 「えーと・・・50点・・・。」 「それをまあまあっていうなら、すごく良かったって何点なの?笑」 「いやー、まだ今分からないの…

全員満点!

この教材、最初導入した当初はめっちゃ嫌がられたのを覚えています笑。難しい!覚えられるわけがない!嫌だ!表情に露骨に出ていましたので、ははは・・・と苦笑いしたのはよく覚えていますね。 しかし、今日は生徒からこんなことを言われました。 「先生、…

新中1と色々と遊んでみる。

純粋にch/2、dh/2を引き算することによって完成した式を変形していきながら公式へと結びつける、ある中1生向けの文字の操作能力チェックのために使った問題でした。 その子は公文で高校内容の計算までやっているゆえ、中学の数学ってやや退屈にどうしても見…

指導者としての言葉。

昨年度の暮れ頃だったでしょうか。少し考えがあって、コーチングやマネジメントの本を徹底的に読み漁った時期がありました。中学部を指導するのに例年苦労しがちであり、できればお互いに苦労もストレスもなくいい関係で、かつ、生徒自身が結果を出しに行く…

私の財産と、4年の募集停止。

小学6年生が、初回の草案の中学部の時間割を見て、親御さんから「中学部は通わせられないかもしれない」と仰った際に、泣きながら「俺はこの塾に通いたいんだ」と言ってくれたということを今日親御さんから伺いました。私は、彼がそこまで塾を好きで通って…

子どもからの授業の題材の相談。

タイトルではピンと来にくいですが、附属のあるクラスが「自分たちで授業をするんだ!」と盛り上がっていました。そこで、「一体どんな問題がいいかなー?」って相談がありましたので、一緒に考えてあげました。 「一つは、知識がなくても解けること。一つは…

ご面談がスタートしています。

今月より、ご面談月間がスタートしております。今月にご面談が不可能な場合は、4月の新学期講座がスタートしてからも受付をいたしますので、ぜひお申し付けくださいませ。 お話をしていますと、あっという間に時間が過ぎてまいります。目安は1時間程度とな…

世界地図。

教室に貼られた世界地図もかなりマーカーや私の指導内容のメモが入ってきて、こんなこと習ったなぁっていう感覚に生徒が浸れる程度になってきました。昨日は中3が世界地図の前に集まって議論をしてましたし、今日は中1向けに「今からちょっと書きながらし…

置き換えのトレーニング。

「ひらめき脳」が今回の国語の文章題の題材でした。もちろん茂木健一郎さんの書籍です。その論説の設問の一つにこんな問題がありました。 ”西田さんのいう「哲学の道」とはどのような道か。” 本文を要約すると以下の通りです。 普段通らない道を通ると、新し…

九大受験と裏話。

ある生徒が高等部で塾に残留することが決定したその日、今日は5時から4年生の子の国語の授業が行われていました。ある女の子はずっとその中3の子を気にかけていて、「むーちゃん受験終わったの?」「むーちゃんの受験どうなった?」ってずっと気になって…

九州大学。

中3の生徒から、九州大学は今から目指せるのか?ということを聞きました。なぜそうしたいのか?と問うた時の生徒の言葉を紹介します。 「俺は、夏休みを棒に振った。これまで先生には言わなかったけど、暇な時はほとんど寝ていたし、学校の授業もどうせ分か…

秘密特訓。

小4のある子と始まった特訓。今日はその初日だった。塾の宿題が難しいから、一人ではなかなか困難であろうということを察し、少しでもそれを手伝いつつ、プラスαの指導までやって周りを驚かせてやろうぜっていう狙いがある。 私にも他に授業があるから、補…

理科工作「ビニールわらじを作ろう」

本日は、4年生3名、1年生1名と一緒に「ビニールわらじ」を作りました。この講座は3年前にも実施したことがありました。その時は小学校1年生の子一人の参加で、二人でじーっとわらじを編み続けるという時間を過ごしました(すごい集中力でした笑)。完…

CRTテスト。

今日は、小4の子がテストの結果を持ってきてくれました。なんかニコニコしながら私に封筒を渡しますが、なんか外部模試を受けたとも聞きませんし、一体何のことやら?と思ってましたが・・・。学校で行われたCRTの結果だったのです。 まあ、その結果がどう…

小学5年生の来年の方針を決めた。

難関私立受験生がいない、中学まで通いたい、意欲的である-4年生の全体的な特徴を一つ一つ挙げていけば、そのような生徒たちが全体数を占めている学年です。これまでかなり悩んできたこの学年の指導であり、今の時期はあれこれ思考力をつけてあげながらい…

鉛筆コロコロ内角外角。

今日は、三角形の内角の和の求め方を4種類学習しました。一つは鉛筆をコロコロと転がすやり方。数研出版さんの「学ぼう算数」には掲載されていた記憶があります。他の教材はどうだったかな・・・? このように鉛筆を操作すると、鉛筆が二分の一回転するので…

「社会って小学生からの積み上げなんですね。」

中3の子がそう言ってました。中3の授業は、小5の授業の後に実施されるため、中3の大半は小5の授業を聞くことができます。そのため、私の授業に耳を傾けている生徒も多く、小学校の地理の授業がこんな感じで行われているんだということを改めて思い出し…

「なぜ、”N-2”なの?」

今日の5年生の指導内容は、外角の定理と応用、そして、多角形の内角と外角について。幾何は単純な公式暗記では上手くいかないので、少なくとも3通りくらいは説明を試みて多角的な理解を追究しています。それゆえかなり授業進度は遅いですが・・ちゃんと分か…

努力とおまけ。

小学4年生の漢字テストは満点が継続していていいリズムが出来てきました。まだまだ満点にならない生徒さんは、塾でやれるちょっとした時間の対策を、少しでもご自宅でやってみられてください。漢字は、簡単な知識のインプットとアウトプットのトレーニング…

巨大な日本地図。

小学地理において、最も重要なのは地形と気候で、その次に大切なのは気候と農業及び地理的位置の因果関係だと授業ではしつこく指導を行います。どんなに言葉が覚えられなかろうが、必ず重要な”思考”を何度も何度も繰り返すことで、まずは土地勘というか、イ…

第2回理解度測定テスト。

新中学1年生の英語能力を測る診断テストその2を実施しました。今回は、いつも課題に出している英単語と、並び替えテスト1・2を実施しました。 通常の並び替えは結構できているのですが、不要語や不足語を絡めた瞬間に文型が崩れ始め、まだまだ本質的な理…

ボキャブラリービルディング。

小4にはかなり膨大な量の漢字に現在取り組んでもらっています。ほとんどが音読み漢字なので、同じ音の漢字も多く、しっかり意味を識別できていなければ得点化することは難しいのです。 最初は本当に大変でした。「この漢字意味わからない」から始まり、対策…

準備講座に和文即訳を追加。

中学準備講座のテストに、”和文即訳”を加えました。各回英訳のテストを実施しているのですが、それに連動した口述試験です。 試験形式はこんな感じです。文型を意識した形での即訳を実施し、文法の面からも、音の面からも、ボキャブラリーの面からも生徒たち…

国語で測る子どもの常識。

小5は、「実力アップ問題集」というやや難しめな読解問題集を使いながら毎週国語と向き合い続けています。テーマが面白いと子どもには評判で、指導した数か月後でも内容を覚えていたりして、文章のフレーズを口ずさむ子もいます。これまでは「エフォートⅠ、…

「塾が楽しくない。」

ハッキリって、楽しくない塾は山ほどあります。うちもその一つだと思います。生徒たちは反論し、「塾は楽しいもん!」と言いますが(私へのフォローだとしたら優しいなぁと感じますが、実に私はクールです)、私は別に決して授業内で面白さを意識したことは…

English Lesson11

準備講座英語は第11回に突入しました。1回あたりの資料は15枚に上ります。およそ170ページもの資料をすでに手にして学習し続け、ノートはすでに2冊目の半分を突破しようとしています。 授業は常に発音からスタートし、全部で100単語以上を発音しまくります…

満面の笑み。

この仕事をやっている醍醐味はやっぱり受験にあったりします。しかし、今日はやっぱり勉強っていうのはプロセスだし、そこに伴う感情なのだと思う出来事に久々に出会えた気がしました。 最近、4年生は基本的に漢字推し推しムードで、満点を取れると膨大な課…

漢字の対策。

今日は、4年生は漢字テストの対策講座を実施。あまりに点数が取れないので、4年生のクラスは2つありますが、そのうちもう一つのクラスでも対策の方法を指導しました。 というより、方法もクソもなく、1〜2回自己テストをやってテストに臨めば基本的に満…

指数と累乗。

準備講座をしていても、定期テスト対策をしていても、ポツポツミスが出始めるのは大体累乗が四則計算に絡み始めた時からです。今年の新中1の学年も、ほとんどの生徒が既にこちらの計算に突入しました。 自分でまとめを読み、「うん!」と静かに頷き、問題演…

シャープペンシルの芯。

準備講座の数学の際、計算ミスが気になる子のノートを見ると、字が薄いのです。字の筆跡を見ていても、滑るようにペン先が動き、字がニョロつくのが気になっていました。 「芯は何使ってる?」 「HBです。」 「先生の持っているシャープペンシルの芯と交換し…

楽をしたいなら、丁寧にやること。

最近、小4の漢字テストの結果が、点がしっかり取れる子と、6割くらいしか取れない子に二極化していたのを受け、一体家でどういう風に対策を行っているのか、それを実際に塾でやってもらうことにしました。 点が取れない子は、漢字を書くことを一つの作業の…

質より量。

小学5年生の「ペナルティープリント」。通称「ぺ」。満点で0枚、90点以上で4枚、80点以上で8枚、80点未満で16枚課されます。なんかのタイミングでペナルティー課したことがきっかけで。これまであまりペナルティ的なものはなかったのですが、ひょんな…

数学2ラウンド目突入。

中1準備講座は全員、基礎教材の独学1章分が終了したので、応用教材へと歩を進めました。ほとんどエラーも見られず、生き生きと問題を解き続けています。むしろ、私の説明など要らないくらいに。指導という指導は、ほとんど考え方のプロセスのところで、見…

計算教材への反応。

計算ドリルを前にした正常な反応なのかどうかは分かりませんでしたが、4年生たちに配布しました。これから1日2ページで、3月31日にきっかり終わらせます。この教材は日記とありますが、日常の課題というより、時期ごとの総仕上げに一気に畳み掛けてい…

英単語の覚え方。

新中1は英語科の第1タームが終了したので、50点満点のテストを実施しました。内容は、(1)アルファベット、(2)英単語、(3)語順整序。(1)と(3)は良いのですが、(2)に苦戦します。書き取りとはやはり趣が異なりますからね。 ある子がちょっ…

英語の授業の1ターム目が終了。

小6は、6授業1タームの5周、be動詞と一般動詞を行ったり来たりするカリキュラムを組んでいます。そして、週あたり700文以上書き取り、解説授業、発音、発音記号、口の動き、単語の意味等々を指導しています。今日の授業で1ターム目が終了し、一通りbe動詞と…

改めて、計算練習をしかけましょう。

小学校4年生の実力を見ると、思考力はおよそ育ってきていますが、基礎的な計算能力はまだまだ改善の余地が全体として見られます。その点について、1行問題も踏まえて鍛え直して行くべく、改めて、計算トレーニングを課していきます。 およそ4ヶ月で終える…

植物の動画を小4と見た。

今日は、授業の半分は動画を見て過ごしました。植物の分野っていうのは、基本的に具体的な映像を見たり、調べたりするのが最も効率的で、人からぺらぺら話をされてもなかなか納得しづらいところがあります。あまり高学年にはしないですけどね。 面白いのは、…

発音記号への慣れの効用。

「先生!発音記号ぜ〜んぜん分からんかったけど、最近は発音記号あった方が読みやすいと思いました。例えば、creamとか最初どう発音するのか分からなかったけど、kri:mって書いてあって、ああそうか、クリームなんだって、誰かに確認しなくても分かるように…

中学受験合格発表の日。

今日は、いろいろな表情を見ました。合格して泣くほど喜ぶ顔も、不合格して泣いてしまった顔も。みんなそれぞれに頑張ってきた日々と、志望校への想いがありました。 今の高校生とこんな会話もしました。 「今年、附属の男子の合格最低点8割くらいだったらし…

小3生の学習。

今日も私から叱られてました。 「分からないのはいいけど、”分かんないからとりあえずこれでいいや!”って適当に答えを書かない。間違ってるかもしれないと思うなら、すぐに答えを書いてしまいたい気持ちをぐっと我慢しないと。先生は、分からないのは全然い…

美しい分析痕。

小4の割合の問題、はっきり言って先週の分は難しすぎて、今週の子たちにしてもらうかどうか相当悩んだのは確かですが、やったら意外と解けたりはしないか?と期待しながら解いてもらいました。 --------------------------- ある小学校の4年生は2クラスあり…